楽一について

平成26年4月消費税率8%対応について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、皆様ご承知の通り消費税率が平成26年4月より8%に引上げられることが決定いたしました。

それに伴い、楽一の対応に関する問合せも増えていますので、今回出来る限りの情報をまとめて紹介致します。

お使いの楽一で必要な処理を確認していきましょう。

※ここで紹介する対応は標準的なものです、詳しい内容は販売代理店までお問合せ下さい。

対応可能な機種

対応可能機種はCASIOの公式HPでも案内が出ていますが。

平成26年4月消費税率8%対応のご案内(PDF)

まずはメンテナンス可能な機種かを確認しましょう。

楽一の消費税税率登録

楽一には消費税税率を登録する画面があります、施行日付と税率を登録する事により、施行日付以降の消費税計算を変更する事が可能です。

手順に付いては、ご使用中のソフトの種類やバージョンによって異なります。

  • 販売管理システム
  • 工事システム
  • 業種系システム(自整・木材・印刷)
  • 会計システム
  • 資金繰システム
  • 会計連動システム

上記のソフトをご利用のお客様は税率登録の操作が必要となります。

末締め以外の得意先で、3月末の請求書を出す

消費税の変更は4月1日以降に反映される為、末締め以外の得意先には注意が必要です。

simebi

上の図のように3月末には締め日にかかわらず全ての得意先で一度請求書を発行する必要があります。

詳しい手順は楽一何でも相談室のよくあるご質問『任意の日付で請求書を発行したい』の記事を参照して下さい。

その他に影響を受ける範囲

①影響が無い帳票

・見積書、受注伝票、出荷伝票、売上伝票請求書など

伝票日付、締日により、消費税テーブルを参照する為、問題ありません。

・管理帳票、日報など

②影響を受ける帳票

・①で挙げたプログラム以外で作成された帳票

手入力用の請求書、領収証、注文書など、定数で5%の計算をしている帳票はプログラムの修正が必要になります。

※変更に関しては、販売店様での対応となります。

税込商品単価の変更

商品マスタに登録されている税込の「販売価格」を、平成26年4月1日以降、現在の税込5%から税込8%の金額に修正する必要があります。

商品マスタの標準、上代、仕入の税込単価に加え

得意先毎の『前回単価』を税込で登録している場合も1アイテム毎の修正が必要です。

まとめと補足資料

詳細の手順に関しては、お客様毎の設定により異なる為、販売代理店までお問合せをお願い致します。

対応内容によっては費用が発生する場合があります。

今現在、消費税対応を含めた内容で多くのお問合せを頂いております。

様々な部分で見直しを検討される企業様が多いようです。

最後に日本商工会議所が発行している消費税対策のハンドブックは下記からどうぞ

消費税率引上げ対策早わかりハンドブック(PDF)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料出張デモ:まずは使い勝手を体験してみて下さい

ご希望の日時に合わせて御社にお伺いし実際に「楽一」を体験出来ます。見て触れて、楽一の簡単さを実感してください。
事務処理に関するお悩み、経営分析、企業戦略に関するご相談等も、お気軽にお申し出ください。

  • 専門スタッフによるヒアリング

  • 会社内にて約20分間のデモンストレーション


お問合せ・資料請求

コメントを残す

*