楽一について

楽一は内部のデータをCSVやその他形式に変換出来ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽一データ変換

楽一は管理表などのデータを、CSV形式に出力することができます。

楽一のマスタデータ(得意先や商品一覧)や取引情報(売掛残高一覧等の各種帳票)を楽一以外の媒体でも活用可能。

注:楽一でCSVデータを開くには、別途 Microsoft Excel のソフトが必要です。

操作手順

ここでは、例として「請求先別売掛残高一覧表」の項目を指定して出力します。

抽出条件を入力する

出力元となる管理表メニューで抽出条件を入力し、【処理開始(+)】をクリックします。

印刷実行確認の画面が表示されます。

CSV変換1

印刷内容画面確認を選択し、【確定(実行)】をクリックします。

印刷画面確認が表示されます。

CSV変換2

【拡張機能(F4)】をクリックし、【変換】にカーソルを合わせると、保存形式の一覧が表示されます。
左の一覧の中から
【CSV形式に変換して保存】をクリックします。

保存条件選択の画面が表示されます。

CSV変換3

保存項目【選択(E)】にチェックを入れて、【選択(C)】をクリックします。

項目選択の画面が表示されます。

CSV変換4

左の「項目一覧」のなかから出力したい項目を選択し、【追加(A)≫】をクリックします。
<注意!!>
項目のあたまに「F」がつくものはタイトルです。各列にタイトルを出力する場合は、これを選択します。金額など、結果の数値を出力するには、「F」のついていない項目を選択します。

「選択項目」の中に追加されます。

CSV変換5

必要に応じてこの作業を繰り返します。

出力したい項目を全て選択したら、【OK】をクリックします。

CSV変換6

項目の出力順を変更する

CSVデータの並び順は、選択項目の並び順に依存します。
( 選択項目: 上→下 = CSVデータ: 左→右 )
移動したい項目を選択し、↑↓矢印をクリックすることで、順序を変更できます。

CSV変換7

保存条件選択の画面に戻ります。

CSV変換8

これで保存は完了です。

「保存後ファイルを開く(O)」にチェックが入っている場合は、すぐに下の画面が開きます。

出力例

CSV変換9

パターンを保存する

出力したい項目を全て選択したら、【保存(V)】をクリックします。

CSV変換10

保存の画面が表示されます。

CSV変換11

これで保存は完了です。
次回からパターンの呼び出しができます。

保存したパターンを呼び出す

項目選択の画面が表示されたら、【開く(P)】をクリックします。

CSV変換12

「設定一覧」から今回使用するパターンを選択し、【開く】をクリックします。

CSV変換13

このあとの操作は同じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業様向けのホームページ作成

【オリジナルプランで安心!】

今や企業姿勢を示す上で欠かせない存在となった【ウェブサイト】。見やすく・使いやすい、理想的なサイトを構築いたします。

24時間、年中無休の優秀な営業マンであるホームページを御社に提供いたします。

  • 専属スタッフが打合せから作成、更新まで行います。

  • すべてオリジナルデザインにて作成。

  • 多種多様な業種に対応出来る作成実績


 

無料お見積りはこちら

コメントを残す

*