セキュリティ

【ネットワークセキュリティ】企業データを守るUTMとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、サイバー攻撃による顧客情報の流出やマイナンバー制度導入で注目されている、企業のネットワークセキュリティについて。

今現在も社内のPCにはセキュリティソフトを入れて対策済みの企業様は多いかと思いますが、UTMを導入する事で各端末だけでなく、ネットワークの出入口を監視、防御し更にセキュリティレベルを上げる事が出来ます。

UTMとは?

UTM(Unified Threat Management)

統合脅威管理とは、ファイアウォール、VPN、アンチウイルス、不正侵入防御

(IDS・IPS)、コンテンツフィルタリング、アンチスパム等の機能をセキュリティアプライアンスとしてゲートウェイ1台で処理する。

「怪しげなパケットは通さない」「悪質なサイトへアクセスさせないなど、セキュリティの観点でチェックを行いLAN(社内)とWAN(社外)の接続制御を行うシステムが搭載されている機器。

UTMとは?

インターネットは怖い?

気になるコト

  • ウィルス感染
  • 大事なデータが流出
  • WEBを見ただけで感染
  • ネットバンキング不正送金
  • 個人情報が盗まれる

でも!いつまでもインターネットを拒絶していられない。

安全に、仕事に役立つ使い方が出来ればいいのに・・・ 必要に迫られて使っているけど、いつも不安に感じている。

仕事に関係ないサイトは社員には見せたくない。

顧客情報が漏れないようにしたい。

a48dd39731cf8dd6a962d11dd0972b40_s

UTMを導入すれば安心して使えるのか?

■UTM導入前

PCや楽一にセキュリティ対策ソフトを導入。それ以外の対策はどうしていいかわからない。

ルータはセキュリティ対策専用の機器ではありません。
通信パケットを目的のノードに届けるのが仕事です。

そのため不正なサイトへのアクセスも、ファイルのダウンロードも、すり抜けてしまいウィルスに感染したり、悪意あるサイトに誘導されて情報を盗まれてしまう危険があります。

脅威に対して様々な設定が必要になり複雑になってしまいます。

■UTM導入後

UTMを導入する事により、インターネットの出入り口を防御します。

ウィスルなどの外からの脅威だけではなく、社内においては不要なサイトへのアクセス制御を行った り、情報漏洩やウィルス感染などの危険を回避します。

UTMは外側と内側の通信を監視し、危険を 察知し回避します。脅威に対する様々な防御をUTM1台でOK!

2fb161415b4f51c8f09c0b6db700f4de_s

UTMラインアップ

企業規模 Firewall
スループット
VPN
スループット
UTM
スループット
Firebox T10 ~10人 200 Mbps 30 Mbps 55 Mbps
XTM 25 ~20人 240 Mbps 40 Mbps 80 Mbps
XTM 26W
無線LANタイプ
~30人 540 Mbps 60 Mbps 108 Mbps

※企業規模 同時にインターネットを使用する台数で考えてください。

機能差
XTM25 及び XTM26-Wが対応しており、Firebox T10が対応していない機能
冗長化構成(HA)
マルチWAN(ポリシーベースルーティング含む)
ダイナミックルーティング
トラフィックシェーピング
無線LANモデル

UTMの多彩な標準機能を搭載(機種ごとに共通機能)

  • アンチウィルス>>インターネット経由で侵入するウィルスを遮断
  • URL フィルタリング>>不要なサイトへのアクセス制御
  • アンチスパム>>スパムメールの制御
  • IPS(不正侵入検知・防御)>>公開サーバへの攻撃を防ぐ
  • アプリケーションの 可視化と制御>>ネットワークを経由するアプリケーションを制御
  • VPN>>VPN( LAN間及びリモートアクセス)
  • レピュテーションセキュリティ>>各公開サイトをランク付け(スコア)

UTMで安心安全なネットワーク環境をご提案

セキュリティ対策は会社の規模や環境により、様々な製品・サービスがあり、比較検討するためには多くの時間がかかります。

当社では、まずお客様のご要望を専任スタッフがヒアリングを行い、その上で最適なセキュリティ環境をご提案いたします。

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

コメント

コメントを残す

*