ニュース

Windowsvista以降の文字フォント一点しんにょうの『辻』問題まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今更かもしれませんが、Windowsのバージョンが「Vista」に変わる頃に一時期問題になっていた、日本語フォントの一部が改正されている件。

最近また問い合わせがあったので、xpの対応終了からしばらくたっている事もあったので、再度まとめてみました。

マイクロソフトが日本語フォントを一新

発表当時の記事。2005年8月31の記事でした。

Windows XPの時は、フォント環境として JIS90 が採用されていました。

それが…

次期Windows「Vista」から、日本語フォントが一新される。最新のJIS規格「JIS X 0213:2004」(JIS2004)を採用。

とあります。
当時のマイクロソフトの主張が従来のWindowsで使えた文字がなくなるという認識は誤解。なくなるのではなく、正しい文字に変わるだったので、なかなか受け入れられなかったですね。

特に人名、地名の表記に関しては得意先様の名前になると皆さん敏感になっていました。

変更された文字一覧

フォント一覧

OSによって表示される文字が違うので、メールで送った内容は送り先と元で違って見えたり。

納品書や請求書の印刷物では当初OSが変わった事を相手先に説明しなければならなかったりと、現場は混乱していました。

一応マイクロソフトからは対象の文字セットを追加するバッチは出ているようです。

Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 で旧 JIS90 文字セットを使用する方法

しかし、XPも対応終了となり、今現在JIS90のフォントを使うと逆に、XPのパソコンを使っているのではないかとゆう懸念も出てくる気もします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料出張デモ:まずは使い勝手を体験してみて下さい

ご希望の日時に合わせて御社にお伺いし実際に「楽一」を体験出来ます。見て触れて、楽一の簡単さを実感してください。
事務処理に関するお悩み、経営分析、企業戦略に関するご相談等も、お気軽にお申し出ください。

  • 専門スタッフによるヒアリング

  • 会社内にて約20分間のデモンストレーション


お問合せ・資料請求

コメントを残す

*