ニュース

WindowsXPおよびOffice2003のサポート終了(2014年問題)に関するまとめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近話題になっているのでまとめてみました。

公式発表

マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシーに基づき、2014 年 4 月 9 日 (日本時間) に

Windows XP Service Pack 3 (SP3)、Windows XP 64 ビット版 SP2 および Microsoft Office 2003 Service Pack 3 (SP3) の製品サポートが終了します。

サポート終了後、対象となる製品へのセキュリティ更新プログラムの提供が終了します。

Windows XP の 64 ビット版は、SP2 が最新版です。SP3 はありません。(マイクロソフトHPより)

Windowsのアップデートが提供されるのは「メインストリームサポート」までの期間になっている。積極的な機能追加や更新は終了し、以後はセキュリティ対策やバグ修正といった、緊急を要するメンテナンスアップデートのみとするサポート体制に移行する。

サポートが終了する=すぐに使えなくなるわけではないので、サポート終了後も使い続けようと考える企業も少なくはないかもしれないが、継続使用には大きなリスクがある事を知っておいた方がよい。
一番の驚異はPCのセキュリティ

OSのセキュリティパッチはコンピュータウィルスやワーム、スパイウェアなどのマルウェアに対して、PCを守る為に必須の更新プログラムになっている。パッチの更新は現在でも毎月数本の頻度でリリースされている。これが2014年4月以降はリリースされなくなってしまう。

つまり、PCがマルウェアに感染するリスクが飛躍的に高まる事になり、新たな脅威に対しての対処が出来なくなってしまう。

結果、システム破損やデータ改ざんなどの実害に加え、個人情報や機密情報の流出に発展する恐れもある、ビジネスに致命的なダメージとなってしまう。

OSをバージョンアップするだけでは不十分

WindowsVISTA以降のOSは各種機能が充実している為に、ハードの要求スペックが上がっている。現在XPが動作している環境下で、7や8にバージョンアップしたとしても、快適に動作しない場合が多い。

ビジネスPCそのものを最新のCPUを搭載した最新世代PCに入れ替えてしまうことが、シンプルかつ最善の方法となっている。

環境の移行をする際も注意が必要?

現在のPCにインストールされているソフトウェアやそれに付随するデータの移行もOSが変わると、単純に移行出来るものとそうでないものがあるので、事前の環境確認が必要となる。

一度に全てのPCを切り替えた場合は、今までなれていた操作が変わる事で一時的なパフォーマンスの低下も考えられるので、台数が多い企業では、段階を追って移行していく必要もある。

サポート終了のリスクを考える以上、今現在は逆に現状の業務を見直し、効率化を考える最適なタイミングとも言える。

その他の要因としては、消費税の増税も間近に迫っている事、直前の買い替えでは十分な検討が出来ない事、サポート終了間際にはメーカーや家電量販店では「どうせ買い換えるだろう」と、強気な価格が出る事も予想されている。

この機会に是非検討を

サポート終了まで10ヶ月切った今、機械の入れ替え検討中の問い合わせが増えてきいたので、今回記事にまとめてみました。

是非これをチャンスと見て、検討の参考になればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料出張デモ:まずは使い勝手を体験してみて下さい

ご希望の日時に合わせて御社にお伺いし実際に「楽一」を体験出来ます。見て触れて、楽一の簡単さを実感してください。
事務処理に関するお悩み、経営分析、企業戦略に関するご相談等も、お気軽にお申し出ください。

  • 専門スタッフによるヒアリング

  • 会社内にて約20分間のデモンストレーション


お問合せ・資料請求

コメントを残す

*