ニュース

消費税10%改正の対応について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今回は消費税改正について。

10月には消費税10%が施行されます、現在2019年4月時点での国税庁の資料をもとに内容をまとめています。まずは概要と必要事項について。

消費税率の推移と予定

  • 1989年(平成元年)4月1日消費税施行税率3%(国税)
  • 1997年(平成9年)4月1日税率5%に引き上げ(国税4%、地方税1%)
  • 2012年(平成24年)8月10日消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法案が成立
  • 2014年(平成26年)4月1日税率8%に引き上げ(国税6.3%、地方税1.7%)

今回の範囲

2019年(令和元年)10月1日

税率10%に引き上げ(国税7.8%、地方税2.2%)
軽減税率制度導入(国税6.24%、地方税1.76%)

区分記載請求書保存方式

2023年(令和5年)10月1日

適格請求書等保存方式導入予定(インボイス方式)

軽減税率とは?

令和元年10月1日から、消費税の税率が10%に引き上げられます。
その一方で、生活に深く関わる商品については、増税による日々の負担感が大きくなることから、特定の品目を対象に軽減税率を導入することになりました

対象の品目

8%

  • 食料品
  • 飲料
  • 新聞(週2回以上発行の定期購読分)

10%

  • お酒
  • 外食

Point

【食品】生鮮食料品に限らず加工品を含む。
【飲料】酒類は含まない。
その他一体資産に注意して下さい

軽減税率が導入されると?

請求書に記載しなければならない事項が増えます。

  • 軽減税率対象品目であることを示す印
  • 適用税率ごとの取引金額

個々の商品の適用税率の把握が必要

Point

軽減税率の対象となる商品と、通常の税率の商品の両方を取り扱っている場合は
それを区分して表示しなければなりません

区分記載請求書適格請求書等保存方式の導入

区分記載請求書等保存方式(2019年10月~)

軽減税率制度が始まると、軽減税率対象品目の販売がある場合は区分記載請求書を発行する必要があります。仕入税額控除を受ける為には、軽減税率の適用対象となる資産の譲渡等か、それ以外のものかの区分を明確にする為の記載事項を追加した帳簿及び請求書等の保存が必要となります。

請求書等保存方式に対して記載事項追加

  1. 請求書発行者の氏名または名称
  2. 取引年月度
  3. 請求書の受領者の氏名又は名称
  4. 軽減税率の対象品目である旨の表記 ※追加
  5. 税率ごとに合計した対価の額(税込価格) ※追加

4年後

適格請求書等保存形式(2023年10月~)

さらに2023年からは仕入額控除の要件として、適格請求書の保存が必要となります。
適格請求書とは「売手が買手に対して正確な適用税率や消費税額等を伝える為の手段」であり、一定の事項が記載された請求書や納品書、その他これらに類する書類を指します。売手は一定の場合を除き、買手の求めに応じて適格請求書を交付する義務及び交付した適格請求書の写しを保存する義務が課せられます。

※適格請求書発行事業者登録は2021年10月開始予定

Point

2019年10月から軽減税率導入で区分記載請求方式になりますが、4年後の適格請求に向けた経過措置と理解して下さい。

適格請求書等保存方式の記載事項

  1. 請求書発行者の氏名または名称及び登録番号 ※追加
  2. 取引年月度
  3. 請求書の受領者の氏名又は名称
  4. 軽減税率の対象品目である旨の表記 ※追加
  5. 税率ごとに区分した税抜価格(税込価格でも可)及び適用税率 ※追加
  6. 税率ごとに区分した消費税額等 ※追加

事前調査

軽減税率対象チェック

  1. 飲食料品の取引はありますか?□

  2. 飲食料品(8%)と他品目取引(10%)はありますか?□

  3. まとめて値引きすることはありますか?□

  4. 20日締めの取引先はありますか?□

  5. 旧税率(8%)を継続する取引はありますか?□

  6. 返品処理はありますか?□

1.2.の項目いずれかにチェックがある場合、軽減税率対象先となります。

1.2.の項目にチェックがなく、4.5.6.の項目いずれかにチェックがある場合、複数税率対象先となります。

すべての項目にチェックがない場合、単一税率対象先となります。

結果から、軽減税率対象先、複数税率対象先、単一税率対象先に分かれます。

まとめ

食料品を扱う業種の企業様はすべて対象になりますね。それだけでも大変な件数だと思います。軽減税率対象の品目が無い場合はまだ作業の負担は少ないかと。まずシステム自体が複数税率に対応していないといけないですし、書式の変更も必要なので、用紙を作り直したり、別の用紙を検討したり、と。今から準備を進めておかないとギリギリで慌ててしまいそうです。

無料出張デモ:まずは使い勝手を体験してみて下さい

ご希望の日時に合わせて御社にお伺いし実際に「楽一」を体験出来ます。見て触れて、楽一の簡単さを実感してください。
事務処理に関するお悩み、経営分析、企業戦略に関するご相談等も、お気軽にお申し出ください。

  • 専門スタッフによるヒアリング

  • 会社内にて約20分間のデモンストレーション


お問合せ・資料請求

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください