10月よりマイナンバーの通知も開始され、それに乗じたネット犯罪もすでに確認されている現在、ネットワークセキュリティは今後どの企業にも必須の対策となってきます。

そこで最新のネットワークセキュリテUTMを検討中の方へ、UTMの機能とその必要性、具体的な使用方法をご案内します。

統合脅威管理(とうごうきょういかんり、英語:UTM;Unified Threat Management)は、コンピュータウイルスやハッキングなどの脅威からネットワークを効率的かつ包括的に保護する管理手法。
ファイアウォール、VPN、アンチウイルス、不正侵入防御(IDS・IPS)、コンテンツフィルタリング、アンチスパム等の機能をセキュリティアプライアンスとしてゲートウェイ1台で処理する。そうすることにより管理者の管理負担も軽減され、導入コストも低くなるというメリットがある。

Wikiより

今回は、以前に【ネットワークセキュリティ】企業データを守るUTMとは?で紹介した内容からさらに詳しく解説します。

続きを読む